[ロゴ] 天方川崎法律事務所

A One Day of Lawyer

弁護士の一日の流れ

弁護士の一日の流れ

 一般民事、家事事件のみならず、企業事件も多く扱っており、幅広い分野の 業務に携われるので、非常にやりがいがあります。その分、日々勉強しなければ ならないことも多く、中には難しい案件もありますが、事務所内の弁護士同士の つながりが強く、困った時は、所長だけでなく、パートナー弁護士、姉弁に気軽に 相談でき、様々な観点から助言を受けることができるため、とても働きやすい 環境だと思います。

 依頼者の最大限の利益のために全力を尽くすのが当事務所の方針であり、 難しい問題に直面しても諦めずにとことん考え抜くことを意識しています。 依頼者にとって最良の結果を得られた時はとても充実感を得られます。 年に1回事務所旅行に行ったり、週に1回程度事務所でランチに行く等、弁護士と 事務局の親睦を深める機会も多いので、事務所全体の雰囲気もとても良いです。 興味をお持ちになった方はぜひ一緒に働いてみませんか。

 

9:00~10:00

出社、1日の予定の確認

出社後は、まず1日の予定を確認すると共に前日の終業後から当日始業時までのメールや電話等を確認します。その日やることについて簡単に整理し、1日の業務を開始します。

10:00~11:00

事務所において新規相談者との打ち合わせ

新規相談者と離婚の件での相談。特に新規相談者の場合には、相談者の方が話しやすい雰囲気を作れるように、まずは、相談者の話をしっかり聞くことを心がけています。

11:30~12:00

那覇地方裁判所において初回期日に出頭。

1か月前に提起した訴訟の初回口頭弁論期日であり、相手方代理人が不出頭であったため、訴状陳述し、次回期日の日程を調整して、終えました。
 日によって違いはありますが、1日に2~3件の裁判期日が入っていることが多いです。

12:00~13:00

沖縄弁護士会館において委員会に出席。

週に1回程度、沖縄弁護士会の委員会に出席しています。
 この日は、私が所属している法教育委員会の開催日であり、小中高生に向けてどのような法教育をしていけばよいか議論し、実際に行っている出張授業の具体的な内容についても協議しました。
会務活動は、弁護士であるからこそできることが多く、非常にやりがいがあります。

13:30~14:00

那覇地方裁判所において弁論準備期日に出頭。

係属中の土地明渡請求訴訟の弁論準備期日であり、裁判の争点整理手続が行われました。
可能な限り、期日の中で、期日メモを作成し、期日終了後、直ぐに依頼者に報告できるように心がけています。

14:00~15:00

那覇警察署において弁護人接見

国選弁護人として選任を受けている被疑者からの接見要請があったため、那覇警察署に赴き、接見を行いました。事案にもよりますが、警察署で留置されている被疑者は不安な気持ちを 有していること多いため、出来る限り、接見に行くように努めています。

15:30~16:30

事務所において顧問会社との打ち合わせ

顧問会社から取引先との契約締結の件での法律相談。顧問会社の担当者が持参した契約書案を踏まえて、 契約締結に当たっての法的リスクや契約書案の修正点等について助言しました。顧問会社からの 法律相談については、迅速な回答を行うように心がけています。

17:00〜19:00

デスクワーク。書面の作成、メールの返信等。

裁判所に提出する訴状や準備書面、内容証明郵便の文書等を作成します。
 日中は、まとまった時間が取れないことが多いので、夕方以降に裁判所に提出する書面等の作成を行うことが多いです。
裁判期日や打合せの日程がそれほど入っていない日もありますので、書面を作成する時間は特に決めているわけではないですが、法律相談や裁判期日が入っていない時間を利用して、日中にも 同様の作業を行っています。

19:00〜20:00

明日の予定の確認、退社

明日の予定を確認した上で、退社します。
保全事件や保釈請求等の至急の案件がある場合や裁判における尋問期日を控えている時には遅くまで仕事をするときもありますが、19時~20時までに退社できるように努めています。

 

エントリーフォーム